ミニゲームで遊びたい時に『徒花の館』レビュー・感想

フリーゲーム徒花の館感想

今、ふりーむ!で一位になっている『徒花の館』を遊んでみたので感想を書きます。

 

 

ストーリー

操作することになる主人公、紅刃は悪役。公園でさらってきた人たちをミニゲームをして倒していく。個性的なキャラクターたちが出てくるが、ゲーム事態が短いので特に親近感は湧かず、深い話もない。このゲームのメインはミニゲームのおもしろさだ。

フリーゲーム徒花の館感想

感想

基本的に相手との駆け引きを楽しむゲームだ。敵はいろいろ仕掛けてくるので、たまに騙されることもあっておもしろい。1時間立たないうちにクリアできたので、気軽に楽しみたい人にはおすすめしたい。
初回プレイでは林檎のゲームで引き分けになってしまい、通常エンドしかみれていない。次はトゥルーエンドを目指して2週目をプレイしたい。
悪魔の少年がかわいい。かわいいのに実は危険な感じを醸し出しているところがよかった。
ゲーム全体を通してホラー要素はほぼなくて、怖いものが苦手な私にとってはよかった。
もっといろいろな要素があると更におもしろくなると感じた。館内を歩き回るイベントや兄が登場するイベント、シミュレーション要素など。(トゥルーエンドを見ていないからなんとも言えない)続編が出ることを期待したい。

 

 

あみれ