読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりたてコンペイト

効率よく文化を楽しむ情報ブログ

いかに寒さを凌いでいるかの説明

f:id:Amire:20170426141705j:plain

寒さに弱い。冬は布団が友達。これまで、毎年冬になるたびに防寒対策を調べてきた。そこで、家の中で完全防備する方法について書いていく。

 

洋服

基本はパジャマ。ジェラートピケのモコモコパジャマに百均のモコモコ靴下。靴下は洗濯するとボロボロになりそうなので来年はジェラピケの靴下を買いたいと思う。ジェラピケはあまりにも有名すぎて「他人とかぶるのが嫌だな…」とも思ったが、他によさそうなブランドは探してもなかった。パジャマというジャンルではジェラピケが市場を独占している気がするので、もっとパジャマブランドが出てきてほしい。
本当に寒いときは家の中でマフラーを巻いている。これをすることでだいぶ温かくなるのでお勧めだ。

毛布・ブランケット

ブランケットは手放せない。家中のいろんなところに置いている。パソコン前、ソファ、ベッドの上。歩きがらブランケットを肩にかけていることも多い。使っているブランケットはオマケでもらったものばかりだ。2年に1枚のペースで増えていく。

お風呂

基本的にシャワーだが、かなり寒い日は湯船。お風呂に入るときに重要なのが、浴室内暖房を入れること。今年になってはじめて存在に気付いたが、もっとはやくから知っておきたかった。
今はやっていないが、来年には脱衣所にカーボンヒーターを置きたいと思っている。お風呂から上がった瞬間が寒すぎて、お風呂に入るのが億劫だ。

食べ物・飲み物

朝は温かいスープ。夜の温かいもの。鍋やシチューは身体が温まるので頻繁に食べている。
それ以外では、紅茶やコーヒーを常に片手に持っている。おかげでトイレに行く回数が増えてしまうが、温かい飲み物を飲んでいるときは幸せな気持ちになる。たまにホットミルク(はちみつ入り)やホットカルーアミルクなど違うものを飲むとさらに幸せな気持ちになる。

ベッド・布団

温かみを逃がさない方法がこれらしい。冬はこれ電気毛布を取り入れるようになってから途中で目覚めなくなったし、入眠もよくなった。電気毛布は何があろうと、もう手放せない。

f:id:Amire:20161112214008p:plain

① 掛布団
ニトリ。夏も冬も使える!みたいなものだった。

② 毛布
肩にかけているブランケットを使っている

③ 毛布

最近購入した毛布。静電気が起こりにくいらしい。さわり心地がよくて気に入っている。使用している色はグレージュ。

④ 電気毛布

去年購入した電気毛布。寝る前につけて、布団が温かくなってきたら消している。いつも温度は中で使っている。

⑤ 敷布団
ニトリ。ちょうどいいフカフカさの敷布団で気に入っている。

熱を逃さないように体を②と③でサンドイッチにするのが重要らしい。

リビング

暖房をつけると同時に、アロマディフューザーをつける。加湿器ほどの効果はないと思うが、気休め程度に。
温度湿度計を置いている。温度も湿度も最適になると、顔表示がニッコリマークになる。こちらもなんだか嬉しくなってくる。

 

あみれ