読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりたてコンペイト

効率よく文化を楽しむ情報ブログ

食レポNo.4:チーズ専門店「Alpage(アルパージュ)」

 

神楽坂のチーズ専門店「Alpage」

神楽坂にあるチーズ専門店「Alpage(アルパージュ)」へ行ってきました。裏路地の一角にあるお店にもかかわらず、店内は人でにぎわっていた。地元の人に愛されているチーズショップといった雰囲気。

チーズ以外の商品も発見

店内に入るとフワッと熟成されたチーズの香りが。小さいころに訪れたフランスの量り売りチーズショップを思い出しました。ショーケースの中にはこれでもか!というほどのチーズが並んでいます。クランベリーやデーツなどのドライフルーツ、フォアグラやオリーブオイル、ワインも販売していました。

購入したチーズ

自分が注文する番が回ってきたので、量り売りで好きな量のチーズを買うことができるので、2種類のチーズを100gずつ買いました。チーズ専門店で私がよく買う種類はウォッシュドタイプとシェーブルですが、今回は白カビチーズとハードタイプのチーズを買いました。(誤解を招かないために書いておきますが、他のタイプも好きです。)

クリーミーな白カビチーズ「ビュットドクレーム(butte de creme)」

神楽坂

無殺菌乳白カビチーズ。クリームのような余韻が広がります。
白ワイン、シャンパンと。
BUTTEは小さな丘という意味。

引用:http://www.alpage.co.jp/www/season/ssn_cange.htm

白カビなのにクリーミーというおもしろいチーズ。塩辛さは青カビチーズのようだけど、とろけるクリームチーズの食感でした。白カビ部分も柔らかくておいしい。

コクとうまみがおいしい「トムオゥマールジェラ(tomme au marc jura)」

神楽坂

マールで表皮を拭きあげたしっとり熟成。じわっと広がる甘味のあるコク。

引用:http://www.alpage.co.jp/www/common/cuites.htm

コクのあるおいしさで、これぞチーズの中のチーズ!という味でした。後から来るうまみがある。

買ったチーズの名前と説明が書いてある紙を入れてもらえるので、どんなチーズか読みながら食べれるのでありがたい。また神楽坂の近くに行くことがあれば寄りたい。

食レポシリーズはこちら↓

店舗情報

チーズ専門店アルパージュ

住所:東京都新宿区神楽坂6-22

営業時間:11:00 ~ 19:00(月~木・日祝)、11:00 ~ 20:00(金・土)

 

あみれ