読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりたてコンペイト

効率よく文化を楽しむ情報ブログ

映画『メメント』から学ぶメモの保存方法

f:id:Amire:20170426141705j:plain

 

  

『メメント』からメモの保存方法について学べる

 

人は忘れやすいもの。忘れないためにメモをしたのに、メモをしたこと自体忘れて慌てたことはありませんか?二重ブッキングされた予定、注意すること、やることリスト。せっかく書いても、見なければ意味がないですよね。映画『メメント』から、書いたメモを放置して忘れないための保存方法について紹介します。

『メメント』のあらすじ

妻を殺されるというショッキングな出来事を見てしまった主人公レナードは、10分間しか記憶を保てなくなる記憶食害になってしまう。物事を忘れないためにポラロイドにメモを書き、身体にタトゥーを刻み、犯人を見つけ出そうとする。

『メメント』の斬新なメモの保存方法

タトゥーを彫ってメモ

重要な事実は身体にタトゥーを彫っています。

確かにこれなら鏡を見ただけで思い出します。しかし現実では、メモごときでタトゥーを彫るなんて考えられないようなこと。

ポラロイドカメラでメモ

 

この映画の主人公レナードの基本的なメモのつけ方はポラロイドカメラで撮った写真にペンでメモを記入。そしてメモしたポラロイドはポケットへ。オシャレですね。

これなら不可能ではないですが、毎日のようにポラロイドを持ち運ぶのは少し面倒ですね。

現実的な方法に応用すると?

手にマーカーでメモ

 

まさに「消えるタトゥー」です。これならプールや温泉も入れますね!

ただし毎日のように書いていると、跡が残る場合もあるので注意してください。

スマホで写真を撮ってメモ

 

ポラロイドカメラは毎日持ち歩きませんが、現代人ならスマホはいつでも持っているはず。

メモをしたいと思ったものを写真で撮りましょう。アプリを使って文字を入れておけば、時間が経っても何を撮ったのかわかるはず。また、アイデアをメモしたい場合はアイデアを紙に書いてからスマホで写真を撮っておくのがオススメです。

一か所に貼ってあるメモより、いつでも持ち歩いているスマホに保存されいるほうが、見る頻度は高いはずです!

凝った脚本が好きな人にオススメの映画

 

『メメント』は、『インセプション』『インターステラー』『ダークナイト』などの人気作品を生み出すクリストファー・ノーラン監督によって作られた映画です。

ジャンルとしては、ミステリー・サスペンスで、どんでん返しや伏線がストーリーに組み込まれているので、おもしろい脚本が好きな方は高確率で好きなはず!オススメです!

そして、書いたメモを忘れないように保存場所には工夫してみてください。

 

あみれ