読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Photoshopでカメラアプリ『VSCO』フィルター風に加工する方法

VSCO

VSCOのフィルターが好きで、デジカメで撮った写真もVSCOのフィルター風にしたい。だけど、アプリに移動するのは面倒。PhotoshopでVSCO風に加工する方法を検索してみたけど、載っていなかったのでVSCO風に加工できないかな……とPhotoshopで試行錯誤しながら見つけた方法です。

元の写真

こちらが元写真。わかりやすいようにiPhoneで全体的に白い写真を撮りました。
まだ加工前なので、全体的に暗めの写真です。

VSCO

 

PhotoshopとVSCOで加工した写真を比較

VSCOで加工した写真

f:id:Amire:20170501152605j:plain

Photoshopで加工した写真

VSCO

(片方をサムネイル用写真にするため、サイズが違います。)

Photoshopのほうを少し明るめに設定してしまったところ以外は、あまり違いがないと思います。あと「もう少し赤みが入っていたかな?」とも思いますが、パッと見はわからないはず。

 

VSCOで加工した写真

VSCO

今回はF3のフィルターを使いました。
露出度を少しあげて、彩度を少し下げた状態です。好きなフィルターは黄色のF1、F2、F3。

これらのフィルターは今風のちょうどいい透明感が出るので、気に入っています。
1年ほど前はC1、HB1、HB2が好きだったので、好きなフィルターはこれからも気分や流行に合わせて変わると思います。

PhotoshopでVSCO風に加工する方法

トーンカーブの設定

VSCO

まずは明るさを設定します。

レイヤーのウィンドウにある”丸い半月のような記号”を押して、トーンカーブを選んでください。もしくは「レイヤー>新規調整レイヤー>トーンカーブ」。すると、上記の画面がでてくるので、真ん中の点を上のほうへ移動してください。明るすぎず、暗すぎないところに設定します。

 

彩度の設定

VSCO

彩度の調整も、レイヤーのウィンドウにある”丸い半月のような記号”を押して、自然な彩度を選んでください。彩度を下げてから、自然な彩度をあげてください。このあたりの加減は好みですが、ギリギリ色が着くようなところで抑えておくのがおすすめです。

VSCO風にするなら「彩度」だけではなく、「自然な彩度」もいじるのがポイントです。

 

カラーバランスの設定

VSCO

VSCO風にするなら、カラーバランスを調整するところもポイントになってきます。今回はF3のフィルターを選んだので、シアン、マゼンタ、イエローよりにバーを動かして、このような調整になりました。

まずはVSCOのフィルターの色を見て動かします。F3と書いてある部分が黄色だったので、イエロー側に動かしました。つぎに、透明感を出すためにシアン側に動かします。そこで最終確認のためにVSCOの写真と見比べてみると、Photoshopの編集画面よりピンクがかっていたので、マゼンタよりに動かしました。

このあたりは慣れも必要かもしれませんが、比べながら調整するとVSCOのフィルターに近くなります。何度かPhotoshopで加工しているうちにVSCOらしいカラーバランスの度合いがわかってくるはずです。

 

さらにVSCO風に近づけるなら

よく見ると、VSCOのほうが少しぼやけています。適度にぼやかしたら、さらにVSCO風に仕上がると思います。Photoshopで適度にぼやかしたことがなかったので、今回はしていません。

 

あみれ