noteで書いているマガジンの紹介

エッセイ

noteのマガジンの種類が増えてきたので、簡単に紹介しようと思います。
noteよりもブログのほうが記事数が多いのですが、実は同じくらい読まれています。

マガジンの機能について

ブログでいうところのカテゴリのようなものだと思っていたマガジンは、意外とハマる機能だった。自分が書いた記事をわかりやすくジャンル分けできる以外にも、他人が書いた記事をまとめることもできるキューレーション性、”カテゴリ”ではなく”マガジン”という名前がついていることで、自分のコラムを持っているかのような気持ちが味わえる。ハッシュタグが”カテゴリ”の機能を果たしているからかもしれない。

書いているマガジン5つ

サクッと読めるショートエッセイ

思いや考えを書いていきます。新しい視点で物事を見るヒントを与えられたらいいな、と思います。

いままでの経験をもとに思ったことを書いているつもりですが、ひとつの話として完結させるために半分フィクションかもしれません。

なかでもよく読まれている記事はこの2つ。

note公式twitterやスマニューでもとりあげられました。

ひまなときにインスタグラムを眺めるように、ボーッと読んでほしいなと思います。

ライターとして考えたこと

ブログもTwitterも「オススメしたい!」と思う気持ちではじまっていて、できる限りたくさんの人に読んでもらいたいと思っています。だから、一部だけが興味を持っていることについては深くは語っていません。書いてもTwitterで一言くらい。

ライターとしての悩み、驚き、気づきについて書いています。月額500円の有料マガジンですが、ネット上ではあまり見かけない情報についても書いていきます。

「noteはコメントしづらい」という声もありましたが、気軽にコメントしてください!

読んでよかったノート

他人のnoteを読んで、おもしろいと思ったときに保存していくマガジン。
読んだあとに保存し忘れていることが多く、まだ2記事しか保存されていません。
おもしろいと思う記事はたくさんあるのに……!

為になる100円記事

 

その名の通り、100円で役に立つ内容。しばらく記事を追加していませんが、戦略、トレンド、アイデアについてひらめいたときに書こうと思います。

まだあまり文章を書いていない頃に気合を入れて(?)書いた記事。途中までは無料で読めるので、よかったらどうぞ。

この2つの記事はだいぶ前に書いた記事なのに、いまでも頻繁に見られているようです。

1日の過ごし方のパターン分析

「やる気の出ない日」「気分のいい日」というのは、朝起きてみると、なんとなくわかると思います。朝になんとなく感じた気持ちは夜になるまで同じことが多く、行動パターンに気づくことで改善できないかな、と思ってマガジンを作りました。

自分の過ごし方が天気予報のようにわかれば便利だなあ、と。(そのうち人工知能でわかってしまいそうですが)

たとえば「やる気の出ない日」には夜までやる気がでないことはわかっていて、寝る前に後悔して夜更かしすることはわかっているのに、だらけて過ごしてしまいます。

1日の過ごし方に、一定のパターンが6つあることに気づいて作りました。

 

あみれ