継続して行こうと思える美容院

美容院

ここ7年間ほど美容院を探しているものの、継続して行こうと思える美容院が見つかりません。同じ状況の人、実は多いのではないかな?と思って美容院選びについて書いてみました。

行きたい美容院の最低条件

値段は安いほど嬉しいけど、行くところはカットで4000〜6000円くらい。

探す場所は表参道か銀座あたり。理由は気になるところが見つかりやすいのと、美容院のついでに銀行・郵便局・ショッピングができるから。

メニューに縮毛矯正があるところ。

 

美容院の選び方

理想通りにはならないことがわかりながらも、スタイル写真を見てイメージが合いそうなら、「行きたいかも?」と思います。

なるべく髪だけを見るようにして、美容院とは思えない野暮ったい巻き方だったり、気に入らないカラーだったりすると候補から外します。そのあとメニュー料金を見て、手を出せる範囲ならとりあえずキープ。

3店くらいキープして、その中から料金とスタイルを中心に比べて、一番合いそうなところへ行きます。

ちなみに実際に行ってみると、少人数で裏道の2階にあるような美容院に行くことが多いです。

 

継続して行きたい美容院

継続して行くなら、気に入った髪型にしてもらえる美容院へ行きたい。もう少し具体的にいうと、縮毛強制のメニューが1万円前後で、ドライヤーを同じ箇所に当て続けない、仕上がりがうまい美容院。

縮毛矯正の仕上がりにはこだわりがあって、だから継続していきたいところが見つからないのかもしれません。根本からしっかりかかっている、仕上がりが重たくない、分け目がない、薬の匂いがきつくないところ。たまにドライヤーで前髪の根元が曲がっているのをごまかされていることがあります。

その美容院へ行く最もな理由として、+αがあると嬉しい。
「悪いところはないな」と思っても、特別「いい!」って思った美容院がない。「もっといい美容院もあるはず」とも思う。なので、置いてある雑誌が好みに合うとか、行きやすい場所にあるとか、そんな理由があれば行きたい理由にはなる。

 

新規の方が安いし、楽しみがある

継続して行きたくない理由のひとつは「新規のほうが安い」こと。

「同じところへ行ったほうが、髪質がわかるのでいい」という話も聞くけど、大差はないと思う。毎回髪質をいちから説明して、希望の髪型を伝えるのは変わらないし、たいして手間だとも思わない。

 

ちなみに、こんな美容院は最悪

料金は抑えめで探しているので、多少の待ち時間は気にしていません。それでも、「これはさすがに」というような経験をしたことがあります。

一人の美容師が同時に4人くらいを担当していて、嫌な予感はしていましたが……的中。シャンプー後「少し待っててください」と言われて、置かれた雑誌を読む。雑誌は初めのページからめくるように読んでいくタイプで、気になったページがあれば、じっくり読む。1冊目が読み終わる。

スマホの時計を確認して「少しじゃないよね?」と思って美容師を見ると、忙しそうに動き回っていました。違うお店行けばよかったと思いながら、2冊目の雑誌を手に取る。濡れた髪のままで30分以上放置。ただでさえ縮毛矯正は体力を使うメニューなのに。放置された髪は冷たくて風邪をひいてしまいそうでした。そのあともたっぷり放置され、本来2時間くらいで終わる「縮毛矯正+カット」は、5時間もかかりました。

 

どうせ行くなら、気に入ったところへ行きたい。
だけど、気に入ったところを探すのは意外と難しい、という話でした。

 

あみれ