写真を撮るときの背景の工夫

白

小物の背景は、布や紙などが定番

ブランケット、マフラー、ハンカチ、布団カバーなどは少し大きめの雑貨を撮るときにも使いやすいです。

コートやスカートなどの布面積の大きな洋服も、小さな雑貨を撮るときに使えます。

 

手で写したいモノを持つ

コンクリートの背景はインダストリアル風になって好きです。

 

もらった🌹🌹 * * #rose #flower #花 #バラ #オレンジ #orange

あみれ/写真さん(@confeitoamire)がシェアした投稿 -

撮ろうと思ったときに簡単に撮れる構図なので、他にいい構図が思いつかないときや面倒なときは大体この構図になっていると思います。

壁を利用する

背の高いものを撮るときは、大体こんな感じの写真になります。

この2つの写真を撮った机の端と壁。

机の端のこのスペースだけは撮影用と決めていて、なにも置いていません。

白

ネイルの写真を撮るときも壁を利用しています。

壁をたくさん利用することでインスタの写真一覧は同じ色が増えて、統一感がでてきます。

大きなものを撮るときは部屋のスペースを活用

部屋

仕事用の記事で机に収まらない大きなものを撮るときや、自分自身を写すようなときは部屋の端にあるスペースを使っています。

部屋は4隅あるので、どこかひとつは空けておくと便利!


あみれ