2018年、システム手帳の使い方

手帳

まだ気がはやいかもしれませんが、もうすぐ2018年。

そろそろ文具ショップには手帳が目立つところに配置換えされているはずです。

2017年はEDiT、2018年はシステム手帳

EDiTの使い方

今年はEDiTの1日1ページ書ける手帳を使っていました。

EDiTは月間予定ページが使いやすかったです。月に一度、目標を立てるのが楽しかった。その月の目標を左上に書いて、左下には月末の請求書作成のために交通費を書く。右側のページには、読んだ本・見た映像・応募の記録と週課を書いています。

書く場所がたくさんあるので、予定を詰め込みたい人や忙しい人にオススメの手帳です。今まで使った手帳のなかでも最高に使いやすい手帳だったので、またいつか使うかもしれません。

1日のページには、TODOリストを書いて、一番下の欄には締切の予定を書いていました。予定を終えたら左横にチェックをつけて文字を横線で消す。見た目はあまりよくないですが、やったこととやっていないことが、すぐにわかります。

 

手帳を変えようと思った理由

もともと飽き性なので毎年違う手帳を使いたくなるのと、本棚を片付けているときに昔使っていたシステム手帳を発見したから。そういうわけで、2018年はシステム手帳を使うことにしました。

手帳

手帳を開くと…

目に入りやすいはじめのページには、気に入ったシールを貼っておきました。

このシールはPixel Art Parkというイベントで購入したもの。

イベントについては以前、詳しく書いたのでリンクを貼っておきます。

使用しているリフィルやシール

丸いシールはマスキングテープのような粘着力のはがしやすいシールなので、間違えて貼っても大丈夫なところがいい。シンプルですっきりした中身を目指したい人にはこのシリーズはおすすめ。ハンズやロフトにも売っています。

 

リフィルはエトランジェディコスタリカ!月間と週間を組み合わせて使う予定です。

月間には書いた記事と行った場所、週間には予定の詳細を書きます。

  

裏側に挟んでいるのはポストイット!

週間のページに書ききれないメモは大きなポストイットに書いて貼り付けます。小さいポストイットはメモを書いたページにわかりやすく貼っています。

手帳

 

自作ページを作ってカスタマイズ

手帳

さっきのシールの使い方はこんな感じ。

EDiTの月の計画を立てるページが好きだったので、これまでと同じように書けるように作りました!こうやって自作して好きなように組み合わせられるところがシステム手帳のいいところ。また加えたい要素があれば作ろうと思っています。

手帳カバーは長く使えるものを

f:id:Amire:20171108180750j:plain

ちなみに手帳カバーはHERZ。大学1年のときに買ったものです。

厚い革で丈夫、使っているうちに良い感じに馴染んできて気に入っています。

 

あみれ