ADVゲームアプリ『どうして勇者様はそんなに弱いのですか?』の感想

f:id:Amire:20171215102124j:plain

今回遊んだアプリはこれ。

 『終わらない夕暮れに消えた君』『彼女は最後にそう言った』などの名作アプリを作っているSHUPRO-DXの新アプリだったので期待してプレイしました。

前回の感想も記事にしていたのでリンクを貼っておきます。

 

RPGのように見えるけどADV

f:id:Amire:20171215102138j:plain

彼らの過去作『奴は四天王の中で最も金持ち』のように多少の戦闘はあるのかな?それだと、少し面倒だな……と思っていましたが、会話のように選択肢を選ぶだけで、RPG要素はなかったです。

面白かったけど、物足りなかった

f:id:Amire:20171215102142j:plain

結論から言うと、やっぱりこれまで通りでおもしろい。だけど、これまでの作品と比べると、物足りなかったです。

たくさん出てくる勇者たちは個性的で、一人ひとつ、個性的な必殺技を持っているのが面白かったし、最後に話をきれいにまとめていたところは素晴らしいと思った。これについては、ネタバレありで、最後にもう一度書きます。

 

これまでの作品と比べると、ストーリーに少し不満

f:id:Amire:20171215102145j:plain

個人的にはストーリーがこれまでよりも「感情移入しにくい」「引き込みが弱く、予想しやすい」と感じたので、脚本を担当した人を調べてみたら、いつもと違って、なるほど…と思いました。

原因を考えてみました。

感情移入しにくい

感情移入しにくいのは、登場人物との思い出が少なく感じたから。一緒に過ごしている時間が少ないのに、やたら回想シーンが多い。出会って間もない気がするのに、女勇者は恋心を抱いていて違和感がありました。

主人公をボスの攻撃から庇ったり、最後のシーンで勇者のために……と何かと自己犠牲的な女勇者。だけど、自己犠牲的なキャラクターは、普段からよっぽどいい人柄ということが表現されていないときついものがある。些細なことで嬉しがる様子は少し鼻についた。

引き込みが弱く予想しやすい

引き込みが弱く、予想しやすいと感じたのは、今回は最終目標が「魔王を倒す!」だったからかもしれないです。魔王がいる場所まで登って倒したら終わり!という、わかりやすいストーリーの流れでした。魔王の城を登るたびにトラブルは起きていましたが、途中で衝撃的な事実が発覚することはなく、章を進めていくたびに話の内容を予想する楽しみは少なく感じました。

 

パターン化してきた?

f:id:Amire:20171215102149j:plain

毎回パターンが同じだと思うところもあって、もう少し新しさがほしいな、と思った。「綺麗な景色が見える場所での感動的な会話」「思い出のかけらを集める」とか。

 

以下ネタバレの感想。

 

 

 

女勇者のグラフィックは変えたほうがいいと思った。出てきてすぐ、目が赤い時点で「怪しい!!!」と思っていたら、本当に魔王で、そのままでした。

 

「話をきれいにまとめている」とさっき書いたのは女勇者の必殺技、ルテラ水泡(ルテナ水泡だったかな?)を勇者が全世界の人に使ったこと。そうすることで、二人とも幸せでいられる。うまくハッピーエンドを作ったなあ!と感動しました。

 

 

今回はこれまでの作品との比較もあって、辛口な感想になってしまいましたが、ストーリー重視の個人製作アプリは出てくるだけで嬉しい!

すでに次のゲーム作成にも着手しているようで、次回作も楽しみにしています。

 

あみれ