戦線をコントロールしてクリアするゲームアプリ『鉄の海兵隊(Iron Marines)』

f:id:Amire:20180116184930j:plain

今回紹介するのはRTSというジャンルのゲームアプリ。

一時期、ゲームアプリ界隈(?)では話題になっていたので、見かけたことある人もいるかもしれません。 

個人的にはゲームシステムは違うものの、『フロントミッション』に通ずるところがあると思いました。ミッションを終えるごとに強化する項目を決めるところとか、あちこちから敵がきて、いなしていくところとか…!

どんなゲーム?

f:id:Amire:20180116184934j:plain

グループになっている兵士たちを動かしながら、ミッションをクリアしていくゲーム。

ミッションはさまざまで、陣地を守る、敵の陣地を攻める、人を守って安全な場所へ連れていく、など。

橋を開けるまで同じ位置にいるなど、進めていくと細かいギミックもあります。

 

動かす兵士のグループは、大体3〜7くらいで、体力がなくなっていなくなってしまわないように誰が攻撃を受けるか考えて調整しながら動かします。

ミッションによっては召喚する兵士の種類を決められるので、なるべくそのミッションに合った兵士を召喚してクリアします。

 

ゲームの進め方

f:id:Amire:20180116184943j:plain

敵の行動パターン、出現場所のパターンを把握して、適当な部隊を配置。

戦線をコントロールしながらミッションをクリアしていきます。

初期設定のメインヒーローの動かし方

私の場合、初めから最後まで初期設定のメインヒーローを使っていました。一番使いやすいらしいです。

 

メインヒーローに攻撃を受けさせて、その後ろに他の部隊を配置して敵を殴る。メインヒーローの体力がなくなってきたら、他の体力のある部隊を前に出すか、基地のミサイルが届くところまで引く。敵の基地の近くで一気に敵が出てくることが多いので、その時に必殺技を使う。

 

メインヒーローはいろんな場所へ瞬時に移動できるので、各方面から敵がくる場合はメインヒーローをこまめに移動させるとうまく進めることができます。将棋に例えるなら、飛車のような存在。

お気に入りの部隊

部隊でお気に入りだったのは、炎を吐く茶色いロボットと遠距離まで届く魔法使い。(名前がわからない!)完全に感覚だけど、茶色いロボットは建物を壊すのが早くて、魔法使いは使い勝手がよかった。

あと、初めに出てきた普通の鉄砲の部隊はなんだかんだ使いやすくて、最初から最後まで使っていました。

使いにくかった部隊

逆に使いにくかったのは、近距離でしか攻撃できない部隊。ただでさえ、いくつかの部隊の体力や敵の攻撃場所を意識しなければならないのに、近距離部隊の攻撃が届く範囲に動かす回数は、遠距離部隊に比べて多く、さらに忙しくなります。

おそらく好みにもよりますが、私は近距離部隊が苦手でした。

基地があるとき

f:id:Amire:20180116184937j:plain

基地を奪ったら、早めに建物とミサイルを建てて、敵の攻撃に備えます。

ミサイルが壊れたら、すぐに直す。敵が基地に攻撃してきて心配なら、ひとつの部隊を基地に残して守らせておきます。

よかったところ

f:id:Amire:20180116184940j:plain

グラフィックが細かくてカワイイ

このゲームのグラフィックは見ていて楽しい!

いい色合いしていて、チマチマと動いているのを見ているだけでも楽しい。スマホ画面で映える色だから、たくさんスクショを撮りたくなります。

戦線を調整するのがシミュレーションゲームみたいで楽しい

このゲームは例えるなら、”動かせるシミュレーション”。ミュレーションゲーム好きには一度遊んでみてほしいです。

プレイしているときは忙しいけど、バランスよく調整して戦えていると、すごく楽しい。クリアできた時に”やってやった感”があリます。

メインのヒーローを変更するれば違う楽しさが味わえる

兵士以外にもメインに使う重要なヒーローがいて、彼らは一時的に回復できたり、強力な技を出せたりします。

戦闘の中で重要なキャラクターになるので、別の技を使うヒーローを使えば戦い方も変わります。なので、全てのヒーローで、全てのステージをクリアする楽しみもあります。

鉄の海兵隊 (Iron Marines)

鉄の海兵隊 (Iron Marines)

  • Ironhide S.A.
  • ゲーム
  • ¥480

 

あみれ